コラム集

三滋マリン水道

トイレが故障を考える

●できるだけ製造中の製品を購入しましょう。
多くのメーカーでは、タンクは製造から10年を過ぎると付随する部品の生産をやめる傾向にあります。付属する部品が故障してしまって部品を交換したくても部品供給不能になってしまって交換に来ないということもありその場合には本体交換が必要になってくれればあります。
ただし、同じタイプのタンクであれば互換性のある部品が多数あり交換が可能な場合が多くなっています。
●便器交換のタイミング
前述の通り、便器は陶器製ですので長く使えるものです。
年数が経っていても交換を急ぐほどではないのですが不具合が発生していれば話は変わってきます。掃除をしても気になるような変色が生じていたり目視できるヒビが入っているようであれば交換を考えましょう。

また、和式から洋式に交換する時には、通常の作業とは違う手順が必要になってきます。成功するための時間がかかったり施工費用がかなり異なってくる可能性がありますので、その点もしっかり確認しておく必要があります。
●タンク内のパーツの交換
タンク内にはさまざまなパーツが組み込まれています。タンクのうわ蓋を開けてみると思ったよりも複雑な構造となっていることに驚く人もいることでしょう。
ゴムフロートはパッキンと同様の素材でできていることが多く定期的に交換が必要になります。オーバーフロー、ボールタップなどは、タンクのように耐用年数が長いわけではありませんが頻繁に動く重要な部品でであるため便器やタンクよりも劣化が早いです。とはいえ短いというわけでもなく、使用頻度にもよりますが約10年程度であると考えておきましょう。
タンク内でポタポタと水漏れの音がするようになった場合には、タンクよりもパーツの故障・劣化だと考えるとよいでしょう。タンクの水漏れの原因の多くが密結パッキンと呼ばれるパーツです。密結パッキンの耐用年数は約15年前後と考えるとよいでしょう。昨今では素材の変更によって長持ちするタイプのものもありますが、もしトイレの設置から20年程度が経過しているのであればタンク外からの水漏れが起きた時には密結パッキンの劣化を疑いましょう。他の部分に問題がなければこの部品を交換することによって水漏れが収まります。


出張対応地域紹介

滋賀県 大津市 甲賀市 湖南市 草津市
東近江市 栗東市 彦根市 守山市
近江八幡市 長浜市 米原市 野洲市
三重県 伊賀市 いなべ市 亀山市 松阪市
津市 鈴鹿市 名張市 桑名市
四日市市 朝日町 菰野町 東員町

基本料金
手順